スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

東京の不動産は様子見を

この記事は 2017/3/23 に書いています。

東京の一戸建てやマンションがよく売れているとか
不動産価格が上昇中なのは外国人が買うから、
などとニュースが流れたりしてますが・・・

結論から先に書くと、
東京で不動産購入を検討している人は
とうぶんは様子見に徹しましょう。

私の弟が東京に住んでいて、
一軒家を買おうかマンションを買おうか、
数年前から検討しています。

私もよく相談を受けますが、
東京の不動産、特にマンションは
数年前から値崩れしています。

実際に物件探しをしている方なら
デベロッパーが売れ残ったマンションを売ろうと
キャンペーン、プロモーションの嵐だとご存じでしょう。

これは、暴落直前に見られる状況です。

今までは
景気は気から
なので、余計な口出しすると
景気を冷やすことになりかねない
と思って差し控えて来ましたが
日本人が高値掴みするのは見たくないと思い
警告をと思いました。

もちろん私の危惧が外れる可能性も充分ありますが
株やFX投資と違い、
不動産は損切り・撤退が難しいので
慎重に越したことはないのです。

家庭・家族の状況を踏まえ
リスクを承知で、リスクを天秤にかけて
購入を決意するならそれは結構なことであり、
長い目で見れば得になるかもしれませんから
よく家族とも相談して決めてください。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

スポンサーサイト

偽装する業者は極一部

先週の(たかじんの)胸いっぱいで
遥洋子が暴言を吐いてましたね。

曰く
「ほとんどの業者が偽装や手抜き工事している」

これには私もムッとしました。

田嶋陽子的なキャラ、つまり、
愚かな発言ばかりして失笑を買い、
視聴者に笑われるために出演させてもらってる遥洋子ですが
今回の発言は許しがたい。
もう日本から追放してほしいと思います。
そして再入国禁止が相当でしょう。

私が真実をはっきり言いましょう、
品質面で偽装する業者は1%にも満たないと。

よく考えてみてください。
仮に、偽装する危険な業者が1%存在するとしましょう。
すると、100軒に1軒が傾いたり倒れたりするはずです。

そんな高い確率で、日本の建物が傾いてますか?
何百人もいる同級生のうち、
傾いたり倒れた家に住んでた人が何人いますか?

それと今回の件をキッカケに、
消費者の皆さんに気付いてほしいのは
大手だから安心と思うのは幻想ということです。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

家を買うなら、資産価値が上りやすいエリアで


今年最後の記事は
資産として不動産を買う際のポイントをアドバイスします。

何度か書きましたが、不動産とは財産・資産です。
土地建物とお金とを交換するのが不動産の売買です。

そして原則としていつでも売ってお金に換えることができます。
という事は、
どうせ買うなら将来的に値段が上りやすい物件を選ぶ、
というのが基本的な考え方であるべきです。

値段があまり上りそうにない、
あるいは下がるときは真っ先に下がるような物件を、
安いからという理由で買うのは貧乏への道です。

安く済ませたければ、賃貸住宅に入ればいいのです。

専通(旗竿地)などの異形地を買うのは駄目です。
山や丘の斜面などの強い傾斜地も駄目ですね。
もちろん谷底のような場所も、
大通りに面した交通量の多い場所も住宅には不向きです。

そういうのは誰しもが目で見て分かる事柄ですよね。

目には見えない、視界には入らない、
値段が上りやすいポイントをお教えしましょう。

それは、
「都心から20km圏内は地価が上昇しやすい」

たとえば東京なら麻布や青山などです。

地価というのは景気に大きく左右されますが、
不景気でも下がりにくく、
景気のいい時期には大きく上昇するのが
上記の条件を満たした立地です。

1990年代後半のアメリカでも
都心の20km圏は大きく上昇しました。

なお、
これらは地価=資産価値が上りやすい
という点でのポイントです。

それ以外の、例えば、
生活環境や、物件の質とコストとのバランスなど
を重視する方にはあまり参考にならないかもしれません。

が、
”資産価値が下がりやすい条件を備えた物件”
には手を出さないのが大鉄則です。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。