スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

和室の造作について


違い棚

床の間に取り付ける棚ですが、
上下で位置を変えた(ずらした)ものです。

見栄えがよいというか、
いかにも和室っぽくなりますが、
大工も嫌がりますし、コストもややかかります。

どうしても欲しい人以外は
諦めて他の物にお金をかける方が得策だと思います。



書院

地袋の上が台のようになっていて、
その上は障子窓になっているのが普通です。

地袋には筆・硯などの書道用具を収納します。
書院の語源でもあります。

これも高くつきます。
上記の「違い棚」どころではありません。

なにより、それだけのスペースも必要です。

雰囲気はすばらしく良くなりますが、
他を犠牲にしてまで作る価値は
私には見出せません。

地袋・・・押入れの上など、
天井の直下にあるのが「天袋」なのに対し、
地ベタ(床)の上にあるのが「地袋」



欄間(らんま)

襖(ふすま)や障子の上が透かし彫りになったもの。

木の素材に模様を彫るのが一般的。

既製品を使うのが一般的ですが、
それでも数万円もの高価なものです。

これも見栄えだけの物です。

隣の明かり、音、時には匂いまで入って来ます。

また、蚊などの虫も容易に行き来できるので、
現代には適さないと考えるべきではないでしょうか。



雪見障子(ゆきみしょうじ)

「障子」とは一般的に、
和紙を貼った引き戸を指します。

そして「雪見障子」とは、
上半分は和紙の障子だけですが、
下半分は「ガラス嵌め込み」と「和紙の障子」の2重構成で、
和紙の障子を上下にスライドさせる事ができます。

それにより、下半分はガラスだけになり、
雪が降ったときには雪見ができるという風流な名前です。

プライバシーを保護する時には、
上下ともに障子紙の白い戸にする事が出来ます。

これは普通の障子よりも高いですが、
是非を問われれば反対はしません。
ベラボウに高いという訳ではないからです。

また、雪見障子のために割くスペースもありません。
そういう意味であって、
特にお勧めする訳でもありませんが。


以上、どれも否定的な解説になってしまいましたね。
私は合理性を重視しますから・・・

金に糸目をつけないという方は、
どれも日本文化の粋ですから、
ドンドン採用してください。

風情がある和室になるのは
間違いないです。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

スポンサーサイト

基礎に埋める「鎮め物」

神社に行くと、いろんな魔除けグッズを売っていますね。

家の新築用にも各種あり、
土地に撒く砂や、
床下に埋める箱形のお守りなどもあります。


砂は、
ベタ基礎の家の場合は表土のスキ取りの後に撒く、
独立基礎(鉄骨造に多い)なら”掘り方”の直後に撒く、
というのが一般的だと思います。


箱型のお守りは「鎮め物(しずめもの)」などと呼ばれます。

ベタ基礎の家なら、
家の中心あたりに箱が納まる窪みを作っておき、
砂を少し入れた上に鎮め物を入れ、
また砂をかけて完全に埋めてしまうようにします。

その際に留意することは
1・箱の向き
2・鎮め物は必ず砂で埋めること

です。

1.箱の向きは、書かれた文字を見ればわかりますね。
行の下部が南または東になるようにします。

2.コンクリートで埋めるのではなく、砂で埋めるのは、
御神体である鎮め物が呼吸できるようにするためです。


無神論者でも、これはやっておく方がいいと思います。
なぜなら、気休めになるからです。

もし、
これをやっていない事が信心深い人に知られると
散々、脅かされる破目にならないとも限りません。
いくら無神論者でも、あまり気分よくないでしょう。

やっておくだけで、気持ちが落ち着き安心できるなら
数千円の出費は安いものだと私は思います。

なお、砂撒きと鎮め物を埋めるのは、
担当営業マンに物を渡して依頼すればOKです。

住宅ローンがOKになったら
早速、神社に行って買い求め、
次回の打ち合わせの際にでも渡すといいですね。

工事は、始まるとアッという間に進むものですから
確実にするためにも早目に渡しておきましょう。

親切な営業マンなら、
ちゃんとその場面を写真に撮っておいてくれる事でしょう。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

将来を見据えたトイレ設計を


大家族で育った人が一戸建てを新築する場合、
2階にもトイレを作る設計を要望することが多いです。

2階にも便所を作る場合、
配水管を建物の外に配置する方が無難です。
(詰まった際、壁の内部を通していると修理しづらい)


また、トイレには換気用として、
窓、又は、換気扇の設置が義務付けられています。

以上の2点を考慮に入れ、
間取りを考えることが肝要です。


配管を建物外に出すのは
寒冷地では危険かもしれないし、
そうでなくても、
車がぶつかって配管が破損するリスク等を念頭に置いて建築業者と打ち合わせしてください。


また将来、家族の中に
介護が必要になる者がでてくる事も考え
両サイドに手すりを取り付けられるような設計に
また、1階のトイレは車イスでも出入りできる設計にしておくべきです。

床面積の点で今は無理でも
将来、対応しやすいような設計にはしておいてください。
  

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。