スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

角地用のガレージゲート

角地の土地は”隅切り”といって
角を切り落とした地形になっているのが普通です。

もしなっていなければ、
それは法律がなかった頃の古い住宅地であったり
或いは法律や条例を免れた分譲・造成でしょう。


”隅切り”は、交差点の見通しをよくし、また、
車の左折右折をスムーズにする目的があります。

よって絶対に必要な措置なのですが、
地形が一部斜めになってしまうので、
土地所有者にとっては厄介でもあります。


たとえば、建物の配置上、
駐車場を隅切り側に取るしかないケースが往々にしてあります。

そして、隅切りの斜め部分だけでは
幅が足りずに車の出し入れが難しい場合もよくあります。


そういう場合、
知識のない外構工事業者に任せると
せっかくの自分の土地をみすみすムダにしてしまいます。


ガレージゲートには、角地用(隅切り用)の、
結合部分に角度をつけられるタイプがあります。

隅切り部分の地形・寸法に合わせて
ぴったり合わせられるのです。

ゲートを固定するための”落としの穴”を
地面のコンクリートにあければ、
直線でなく曲線でもある程度は合わせる事ができます。

エクステリアのカタログをよく見て
自分のイメージに合うものをじっくり探してみましょう。
 

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

スポンサーサイト

駐車場スペースの寸法

駐車場スペースの寸法については
建築業者とよく打ち合わせして決めてください。


奥行きは最低5mは必要ですね。

全長4.7mの車でも、
奥行き4.7mの駐車場には収まりません。
最低でも5m必要です。

ガレージゲートを設置するなら、
5.2m程度必要です。
できれば5.4mくらい欲しいですね。



幅についても、2.8mは欲しいですね。

車の幅は1.7m前後ですが、
駐車場の幅が2mだとドアも開けられず
乗り降りすら不可能になります。

カーポートを建てるなら、
柱の幅も考慮して2.9m~3mくらい欲しいです。


奥行きについては”車止め”などを置いて
ギリギリで車を止めさせることも可能ですが、
幅についてはそうはいきません。

狭いと車にも傷がつきますし、
建物も壊れる可能性があり、危険です。


賃貸マンションやスーパーの駐車場は
車幅2.5mに設定しているところが多いですが、
一戸建ての自宅で同じ計算をしてはいけません。

周りに何もなく、
建物や塀やカーポートの柱がないから
2.5mでもなんとかなるのです。


一戸建ての場合、敷地の寸法などは
芯芯で図面を書いて考えるものです。

つまり、
家の壁の厚み、塀の厚み、
カーポートの柱の厚みなどを
図面には描かないものなのです。

壁も塀も、
芯から外面まで10cm程度あるのが普通です。

つまり、
駐車場の幅を2.9mで図面を描いても
実質は2.7mしかないのです。

カーポートの柱などは20cmあります。
(運転席のドアは2本の柱の間にくるので
 あまり大きくは影響しないものですが)



例えば、
斜面を造成した住宅地によく用いられる
PCコンクリートの”BOXガレージ”ですが、
最も多く使われるタイプは内法が
300×540×200(W×D×H)です。

この寸法は内法なので、
(1BOXなどの背の高い車以外なら)
けっこう余裕があります。

が、余裕があるからといって
中に物を置いたりすると
たちまち窮屈になってしまう程度なのです。


尚、
軽自動車ならもっと狭い駐車場でもOKですが、
普通車が停められる大きさにするのが無難です。

”万一の自宅売却”を考慮に入れるのが
不動産購入のセオリーです。

自宅(居住用)だろうが、投資目的だろうが、
不動産を買うというのは不動産投資なのですから。

つまらないリスクを取るくらいなら、
賃貸住宅に住む方が安全で手堅いのです。



ついでに、カーポートについて。

背の高い1BOX車などは、
普通のセダン車などに使うカーポートでは
柱の長さが足りないものです。

外構工事業者には、
その旨、必ず伝えておきましょう。

さもないと、
せっかくカーポートを設置しても、
肝心の車を入れられない破目に陥ります。
  

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

駐車場スペースの地面は

駐車場スペースには
鉄筋入りのコンクリート打ちがベストです。

鉄筋を入れないと、
すぐにコンクリートが割れてしまいます。

安くあげるために砂利で済ませる人もいますが、
普通の砂利はタイヤでハネ飛ばされる事が多く、
車や家にダメージを与える可能性もあるので危険です。

砂利が飛んでいって
少しづつ減るのも気になります。



「現状は車2台だが、
 数年後には子供が出て行き
 車は1台になるから
 後々、土の地面に戻したい」

なんて方は、
コンクリート打ちではなく、
”クラッシャー”という砕石を敷くのがお奨めです。

”クラッシャー”という砕石は、
グイッと土にメリ込むので飛ぶ心配がありません。

その分、
普通の砂利に比べて撤去するのは大変ですが、
コンクリートを砕いて剥がすのに比べると
非常に楽ですし安上がりです。

次回は駐車場の設計について、です。
  

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。