スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

”塚”という地名は昔は墓場だった?

前回の記事で
クリニックの先生を信じる人の話を書きました。

そういう人のうちの一人で
(よくそれだけの知識を持っていますね?)
と私が感心した客がいます。


とにかく、あらゆる物件の欠点を見つけるのですが
その中には、若干の説得力ある理由もあります。

例えば・・・


”●●市△△町×塚” という地名の物件を案内しました。

すると、

「”塚”というのは、昔、墓場だった場所。
 だから ”~塚” という地名になるのよ。
 墓場は悪い気が滞留する場所だからダメ」



これには私も「へぇ~、なるほど」と感心しました。

営業マンはそんな事くらいで
簡単に引き下がってはいけないんですが、
こういう人にいくら勧めても、絶対にその物件は買いません。

簡単に引き下がって、
次の物件を探してあげるのが最善です。
  

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

スポンサーサイト

●●療法の大先生は拝み屋と同じ

方位方角や神様・拝み屋の類を信じる人は多いが
「●●治療法」のような怪しげな療法の提唱者の言うことを信じる人も稀に居ます。


身体が不調になって、
そういうクリニックのような所へ行くと、

「貴方の住まいは2万年前は低地じゃったようじゃ。
 そういう場所は、湿気が溜まりやすいく身体に悪い。
 なるべく早く、高台の乾燥地帯に引越しなされ。」

などと大先生に言われたりします。


言われた患者は役所や図書館に行って
昔の地形や高低差(標高)を調べて妙に納得してしまう。
(或いは、その大先生から資料をもらって信じる)


「家の場所のせいで病気がちなのか・・・」

と、
身体や運勢が悪いことは全て、
住まいの立地のせいにできるので、
患者にとっても都合がよいようです。


そして新居を探し始める事になるが
そういう人は神経質になってしまうものだから
どんなにいい物件を紹介しても、
100%満足することはないんですね。

何かしら不安な点を発見し、
全部を見送ってしまいます。


クリニックがOKを出せば決められるのですが、
そういう場合の多くは
クリニックと不動産業者が結託しているものです。

因みに、拝み屋の多くもそうですね。


お釈迦様やキリストは多くの人に治療を施し、
その奇跡のお蔭で人々は彼らの教えを信じた、
という側面もあります。

ですから、
医者、鍼灸士、整体士などは
拝み屋になれる可能性が大いにありますね。
 
 

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。