スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

船底天井は暑い ”反エコ住宅” です。

住宅雑誌には時々、
「私の自慢の家!」などという特集で
船底天井の家の写真を見かけます。

船底天井とは、
最上階の部屋の天井がないと言いますか、
屋根の形状なりに天井が作られたものです。

ものすごく天井が高くなるので開放感があり、
身長2mの人でも圧迫感がないというメリットがあります。


しかし・・・
船底天井=屋根裏がない という事です。


夏場には、瓦が受けた熱が野地板に伝わり
その熱が天井裏(屋根裏)を蒸し風呂状態に暖めます。

夏場は、大工や電気工事屋さんも
屋根裏に上るのを嫌がります。

それほど暑いのです。
サウナに入るのとほぼ同じ感じですね。

船底天井=屋根裏がない という状態は
断熱効果を発揮する屋根裏を廃して、
居室がサウナ状態になるという事なのです。

私は1回だけ、船底天井の家を担当しましたが
施主には「暑くても文句言わない」と約束してもらいました(笑)

入居後1回目の夏に、
「やめておけばよかったかも」
と施主は弱音を吐いていました。
 
スポンサーサイト

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。