スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

地耐力調査は出来レース

遠方に住んでいる親戚夫婦が
新築するので相談にのってやったことがあります。

某有名住宅建築業者が気に入っているが、
高いし、妙に強気だからどうしよう、
と言っていたのが印象に残っています。


築40年以上の現家を壊しての建替ですが、
地盤の強さを測った結果が規準以下であれば
地盤改良しなければ建築しません、
とその業者の営業は言っていたそうです。


まず、近所が普通の区画された住宅用街区で、
しかも40年も家が建っていた普通の住宅地が
地盤脆弱などということはあり得ません。

百歩譲って、万全を期すのはよいとしても、
そういう条件付きで契約させるのが手口です。

そして調査結果は「地盤は脆弱である」として
契約通り、地盤改良することになりました。

その業者の規準地耐力は 5t だったと記憶しています。

この調査を、この業者の下請けに依頼するのですから
基準値以下、という結果もさもありなんです。

(私は子供の頃からその家に何度も行っているので
 よく分かりますが、そこの地盤はかなり強いです)



ハウスメーカーで働いていた知人が
その裏側を教えてくれた事があるのですが

「基本の安いプランでは業者は儲からない。
 ドンドン、プランをグレードアップしたり
 オプションを付けないと苦しい」 そうです。

あれだけモデルハウスを展開したり、
テレビCMをやれば経費も莫大ですからね。

ですから、地盤改良工事などで
少しでも工事金額を”かさ上げ”しないと駄目なのです。

(地盤改良費用など、ほんの数十万円ですから、
 安心料・保険料と思えば安いものですが・・・)



私に人徳がないのが最大の原因でしょうが
結局、彼らは私のアドバイスをほとんど受け入れず、
その結果、
「当初予算よりはるかに高くついた」
と彼らの親から聞きました。
 
スポンサーサイト

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。