スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

浄化槽のブロアー

便所の汚水や生活排水を
浄化槽で処理して排水する一戸建てには
ブロアー(ブロワー)という機械があります。

大きさは20cm×20cm×30cmくらいで
浄化槽内に空気を送るもの(BLOWER)です。


浄化槽の蓋を開けると
意外と内部がメカニックなのに驚きますが、
とは言え、汚水を浄化するのは微生物の働きです。

微生物(バクテリア)が汚物を食べるというか
分解する事により、汚水がきれいになります。

ですから、微生物が死ぬと、
汚水は浄化されなくなってしまいます。

そのため、
浄化槽の内部に空気を送り続ける必要があり、
その空気を送るのがブロアーという機械です。


浄化槽の生命線であるブロアーですが、
造りはシンプルでも
重要な機械なため、高価なのです
(こんなに高価なのは日本だけでしょうが)。

そして、
高価なため、よく盗まれます。

新規分譲地などでは、
あまり入居者がなく人通りが少ないうちは危険です。
(入居済みの家から盗む泥棒は少ないですけど)


一般家庭でも 
”エコのため” と、外部の照明を全部消すのではなく、
不審な人が敷地内に入ってきても見つけやすい程度に照明を灯しておくべきです。

或いは、盗まれないような工夫をしておくべきです。
(地面をじゃみ石にするとか、番犬を飼うなど)


ちなみに私が居た会社では、
お客さんに入居日を聞いておき、
入居に合わせてブロアーを設置するようにしていました。


今後の日本の治安は
外国並みに悪化するでしょうから
自衛のためのコストがかかるのは止むを得ません。
(今までは平和すぎたのですね)
  
スポンサーサイト

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。