スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

将来を見据えたトイレ設計を


大家族で育った人が一戸建てを新築する場合、
2階にもトイレを作る設計を要望することが多いです。

2階にも便所を作る場合、
配水管を建物の外に配置する方が無難です。
(詰まった際、壁の内部を通していると修理しづらい)


また、トイレには換気用として、
窓、又は、換気扇の設置が義務付けられています。

以上の2点を考慮に入れ、
間取りを考えることが肝要です。


配管を建物外に出すのは
寒冷地では危険かもしれないし、
そうでなくても、
車がぶつかって配管が破損するリスク等を念頭に置いて建築業者と打ち合わせしてください。


また将来、家族の中に
介護が必要になる者がでてくる事も考え
両サイドに手すりを取り付けられるような設計に
また、1階のトイレは車イスでも出入りできる設計にしておくべきです。

床面積の点で今は無理でも
将来、対応しやすいような設計にはしておいてください。
  
スポンサーサイト

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。