スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

基礎に埋める「鎮め物」

神社に行くと、いろんな魔除けグッズを売っていますね。

家の新築用にも各種あり、
土地に撒く砂や、
床下に埋める箱形のお守りなどもあります。


砂は、
ベタ基礎の家の場合は表土のスキ取りの後に撒く、
独立基礎(鉄骨造に多い)なら”掘り方”の直後に撒く、
というのが一般的だと思います。


箱型のお守りは「鎮め物(しずめもの)」などと呼ばれます。

ベタ基礎の家なら、
家の中心あたりに箱が納まる窪みを作っておき、
砂を少し入れた上に鎮め物を入れ、
また砂をかけて完全に埋めてしまうようにします。

その際に留意することは
1・箱の向き
2・鎮め物は必ず砂で埋めること

です。

1.箱の向きは、書かれた文字を見ればわかりますね。
行の下部が南または東になるようにします。

2.コンクリートで埋めるのではなく、砂で埋めるのは、
御神体である鎮め物が呼吸できるようにするためです。


無神論者でも、これはやっておく方がいいと思います。
なぜなら、気休めになるからです。

もし、
これをやっていない事が信心深い人に知られると
散々、脅かされる破目にならないとも限りません。
いくら無神論者でも、あまり気分よくないでしょう。

やっておくだけで、気持ちが落ち着き安心できるなら
数千円の出費は安いものだと私は思います。

なお、砂撒きと鎮め物を埋めるのは、
担当営業マンに物を渡して依頼すればOKです。

住宅ローンがOKになったら
早速、神社に行って買い求め、
次回の打ち合わせの際にでも渡すといいですね。

工事は、始まるとアッという間に進むものですから
確実にするためにも早目に渡しておきましょう。

親切な営業マンなら、
ちゃんとその場面を写真に撮っておいてくれる事でしょう。

スポンサーサイト

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。