スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

地名と学区・権利関係などは別物


農家の集落の中の持ち家を売却して、
当社の分譲地を購入したお客さんが居ました。

地区名(大字)が持家と同じだったため、
よく確認せずに買い換えました。

引越した後、
「地名が同じでも地区は違うから
 あなたには入会権は認められない」

と言われたそうです。


入会権とは簡単に言うと、
山に入って収穫を得る、村(人)の権利
です。


村を出た以上、貴方に権利は無くなった
と言われた訳です。

私にはその入会権がどれほどの価値があるのか知りませんでしたが、
そのお客さんは再度の買換えを決断したほどです。

買換えの費用は馬鹿にならなかったのですが、
永年の思いも強かったのでしょうか。


入会権と同様に、学区などもそうです。

地名が同じだからと言って、
学校も同じだとは限らないのは常識ですね。

権利が絡む場合や、
学校の絡みはキチンと調べましょう。

入会権など、
不動産業者の知る由もありませんから。
スポンサーサイト

ブログランキングへの応援をお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 不動産のキモ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。